CHILDCARE

ネントレ失敗とその原因【生後3ヶ月のスケジュール】

生後10ヶ月の娘を育児中のゆなです。
ネントレは、新生児から生後3ヶ月半までやってました。

ネントレを始めるなら、失敗例も気になりますよね。

わたしも、ネントレをやってる方のブログをたくさん読んで、ネントレをやるべきか悩んでました。



そしてわが家では「ゆるいネントレ」をやってみることにしたんです。

結論として、ネントレは失敗しました。



その失敗の理由を3つお伝えします。

でも、得たものも大きかったので、ネントレを試したことへの後悔はありません。



むしろネントレをやって、わたしの寝不足がなくなったんです。

わたし自身がちゃんと寝れるようになっただけでも、ネントレの効果はありました。



生後3ヶ月だと、育児に少し慣れてきたけどママの寝不足が続く時期です。

身体のためにも、あなたと子どもに合ったネントレをチャレンジしてみてくださいね。

ネントレ新生児と2ヶ月目の記録は↓から読めます。

ネントレは失敗なのか

ネントレを始める新生児のころから、生後3ヶ月半までのネントレ記録です。

ネントレ開始前

毎日6〜8時間睡眠

夜寝る時間がバラバラ

新生児なのに全然寝ない子でした。

睡眠は毎日10時間を切っていて、寝不足で不機嫌なことも多かったです。



そして、ネントレを始めた結果がこちら。

ネントレ開始後

夜通し寝るようになった

睡眠時間が10時間以上になった

睡眠時間をみると、ネントレは成功したんです。

毎日寝不足だった娘が、10時間以上寝るのが当たり前になったから。



ただ、記録をみてわかるように、昼寝・夕寝はほぼしてません。

また、ネントレスケジュールあるの?というくらい、寝る時間がバラバラです。



それでも、夜中はほとんど起きずに朝まで寝るので、成功なんじゃないかなあと思ってます。

でも、ネントレが失敗したと考える理由が3つあるんです。

ネントレ失敗と考える理由

10時間以上寝るようになったのは、ネントレの成果です。

むしろ、ネントレ大成功なんじゃないかと。



ですが、本来のネントレは、赤ちゃんが自分で寝る力を付ける練習をすることです。

自分で寝れる練習は、ちゃんと出来てなかったと考えてます。



そして、わたしの考えるネントレ失敗の理由はこの3つ。

スケジュール通りいかない

ベッドに行ってもすぐ寝ない


寝かしつけは抱っこか授乳

それぞれ見ていきます。

ちなみに、ネントレの詳しいやり方は本に載っています。

ネントレ成功してる方は本を読んでいるので、本を読むと成功しやすいのかもしれません。

生後3ヶ月のネントレスケジュール

生後3ヶ月のネントレスケジュールは以下の通りです。

7:30〜8:00
起床、授乳①

9:00(1h)
朝寝

10:00 
起床

10:30〜11:00
授乳②

12:30
昼寝(2h)

14:30
起床、授乳③

16:00
夕寝(1h)

17:00
起床、授乳④

18:00
お風呂

18:30
授乳⑤

20:00
就寝

23:00〜24:00
授乳⑥

昼寝はトータル4時間
授乳回数は6回

ミルクは1回で、20:00か23:00〜24:00にあげてました。

20:00に授乳だけで寝そうなら、23:00〜24:00にミルクをあげるって感じです。



そして、スケジュールに沿ってやったネントレの成果がこちら。

スケジュール通りに寝てませんよね。

夜中から次の日のお昼前まで寝る、お寝坊さんです。



午前中はだいたい寝てるので、昼寝はまずしません。
ほぼ1日分の昼寝時間を占めてるので、夕寝もしなくなります。

寝かしつけようにも、目が冴えてるので寝ないんですよね。



ジブリのオルゴールBGMとぬいぐるみで寝る合図を送りますが、まったく寝ませんでした。

めげすに続けたら、生後8ヶ月のいまは、寝る合図なのを感じてるようです。

スタジオジブリオルゴールメドレー【Baby睡眠、勉強、作業用BGM】Studio Ghibli Collection.

ベッドに行ってもすぐ寝ない

昼寝・夕寝しないなら、夜すぐ寝ると思いますよね。

赤ちゃんって大半寝てるっていうのに、なかなか寝ません。



夜はベッドに移動して、豆電球を付けて寝ています。

娘はベッドに移動してからも、キャッキャと声出して遊ぶんです。



ぐずり始めて指しゃぶりしたタイミングでお腹トントンや授乳すると、やっと寝ます。

寝かしつけは抱っこか授乳

お腹トントンで寝てくれるのが一番ですが、そんな日は稀でしたね。

生後3ヶ月のとき、娘は4.5〜5.0kgでした。

平均より小さめだったので、抱っこで寝かしつけるのも苦ではなかったんです。



新生児のときから縦抱きだったので、娘は縦抱きに慣れてます。

縦抱きにして、揺らしながらお尻をポンポン叩くと、あっという間に眠りについていくんです。

ただ、その寝る瞬間まで抱っこしてると、ベッドに置いてすぐ起きちゃうので、寝そうなタイミングでゆっくりとベッドにおきました。

起きませんように、、、と願いを込めて、そーっとおいてました。

それでも起きちゃうときがあるので、授乳して寝てもらってましたね。



この3つが、ネントレが失敗したと考える理由でした。

自分で寝る力をつけてあげれなかったので、ネントレ失敗と考えてます。

ネントレ失敗のまとめ

新生児から始めたネントレですが、成果があったものの、本来のネントレでいうと失敗におわりました。



本来のネントレは、赤ちゃんが自分で寝る力を付けることです。

ネントレが失敗した理由は3つありました。

スケジュール通りにいかない

ベッドに行ってもすぐ寝ない

寝かしつけは抱っこか授乳

でも、娘は6時間睡眠から10時間以上寝るようになり、夜中に起きることがなくなりました。

ネントレを始めたことで、夜中も寝てくれて、わたしの睡眠時間ができたんです。

寝不足だと育児のストレスが溜まっていき、疲れ果てます。



寝不足だと、子どもの泣き声にイライラしちゃうし、イライラすることにイラつくし、、、

それが、ネントレで自分の寝不足が解消したなら、ネントレ失敗でもやってよかったと思えるんです。

昼寝・夕寝をしなくても、子どもはちゃんと育ちます。



ネントレは失敗するかもしれません。

でも、やらないよりやってみてから続けるかどうかを考えてみてくださいね。

コメント