CHILDCARE

夜泣きの騒音を減らすためにやったこと【遮光カーテンの効果】

生後10ヶ月の娘を育児中のゆなです。

赤ちゃんって容赦なく泣きますよね。
朝だろうが夜中だろうが関係なく、そして声の大きさも関係なく泣きます。

このご時世、赤ちゃんの泣き声はしょうがないと思う方もいれば、そうでない方もいます。



特に夜泣きしたとき、外に聞こえるんじゃないかとヒヤッとしませんか?

ご近所さんが寝てる時間に、子どもがギャン泣きし始めたら、、、



そんな夜泣きの騒音を減らすために、家で出来ることをやってみました。

それは、遮光カーテンをつけることなんです。



しかも、いまあるカーテンに付けるだけなので、新しいカーテンを買う必要がありません。

もちろん工事の必要もなく、ひとりでできました。

夜泣きのためだけでなく、外からの防音対策や、室内をより暗くする効果も期待できるので、カーテンを付けて損はありません。

この記事でわかること

・夜泣きの防音対策で遮光カーテンを選ぶ理由

・選ぶべき遮光カーテンの4つのポイント

・オススメの遮光カーテン

夜泣きの騒音対策や、室内を暗くしたり、防音を簡単にするなら、遮光カーテンを選ぶと間違いなしです。

«クリックすると公式サイトに移動します»
びっくりカーペット

夜泣きは騒音?

子どもを育ててる親としては、夜泣きは仕方ないと思うんです。

でも、ずーーーっと泣いてて、それが大きい声だったら親でもシンドイですよね。



親でもシンドイんだから、赤の他人に聞こえたら、騒音と思われても仕方ないかもしれません。

ただ、そんな夜泣きの声を、外に漏れないようにするのはなかなか大変なんですよね。

こっちが泣きたいと思うことも、、、



しかし、泣き声が外に響かないようにするのは、工事をしないと完全に防げないのも事実です。

防音サッシに変える

二重窓を取り付ける

これらの工事をすれば、夜泣きの防音対策になります。

工事なので作業員の出入りがあったり、費用が3〜10万円と高額なんです。



夜泣きが騒音と思われるのも大変ですが、そんな高額な金額も出せませんよね。

そこで調べついたのが、遮光カーテンを付けることだったんです。

夜泣きの騒音対策に遮光カーテンを付けた理由

簡単にできて、安く済むので、完全遮光のカーテンを買ったんです。



なぜ、夜泣きの騒音対策に遮光カーテンなのか気になりますか?

理由は3つあるんです。

工事より安い

防音効果がある


室内を暗くできる

工事より安い

いまあるカーテンよりも長めに買いました

カーテンのサイズによりますが、わが家は7,480円で済みました。

ちなみに家にあるカーテンのサイズは、100×190cmです。



工事の1/3〜1/10の値段で、夜泣きの騒音対策ができるんです。

防音効果がある

防音効果がなかったら、遮光カーテンを選んでません。

夜泣きの声が外に漏れるだけでなく、外から入ってくる騒音も減るので、赤ちゃんを寝かせたいときにも効果があるんですよ。

室内を暗くできる

完全遮光のカーテンなので、電気を消すと真っ暗です。

昼間でも室内が暗いので、赤ちゃんの昼寝で暗くさせたいときにピッタリですよ。



完全遮光カーテンをつける前は、カーテンを閉めても外灯があるので室内が明るかったんです。

それが真っ暗になったので、赤ちゃんが寝やすい環境になりました。

室内は暗いほうが、赤ちゃんだけでなく大人も寝やすくなったと実感しています。

夜泣きの騒音対策【選ぶべき遮光カーテン】

選ぶべき遮光カーテンのポイントは4つです。

防音できる

完全遮光


いまのカーテンに後付けできる


いまあるカーテンとサイズが合う

そして4つのポイントをクリアしてるのが、びっくりカーペット の遮光カーテンでした。

防音できる

出典:びっくりカーペット

遮光カーテン買ったはいいけど、防音できなかったら意味がないですよね。

図の通り、防音できることは実証済みです。



買うときは、防音効果をうたってる遮光カーテンを選んでください。

何も書いてなければ、防音効果はないので注意書きをよく見るのが大事です。

完全遮光

出典:びっくりカーペット

遮光カーテンには種類があります。

3級<2級<1級<完全遮光

右にいくにつれて、遮光性が高くなります。

ここで選ぶのは完全遮光です。



完全遮光でないと、防音効果になりません。

1級の遮光カーテンならよく見ますが、完全遮光は本当に少ないんですよ。

出典:びっくりカーペット

生地が3層構造になってるので、光も音もブロックします。

いまのカーテンに後付けできる

出典:びっくりカーペット

いまあるカーテンが、使えなくなるのはもったいないですよね。

わが家は、デザインが気に入ってるカーテンだったので、遮光カーテンに変える予定はありませんでした。



探してみると、いま付けてるカーテンの裏に付けれる遮光カーテンがあったんです。

それなら遮光カーテンのデザインを選ぶ必要もないし、見た目も変わらずに済みます。

いまあるカーテンとサイズが合う

出典:びっくりカーペット

遮光カーテンが短いと、結局音が漏れてしまい、防音対策した意味がありません。

とはいえ、後付けできる遮光カーテンは既存サイズのものが多いんです。



あまり意味のない遮光カーテンをつけても、夜泣きの騒音対策にはなりません。

なので、ちゃんとサイズが合うものを見つけてくださいね。



びっくりカーペットの完全遮光カーテンは、1cm刻みでサイズ合わせができるので、どのサイズのカーテンでも大丈夫です。

調べるとわかりますが、この4つのポイントをクリアしてる遮光カーテンがなかなか見つからないんですよね。

それでやっと見つけたのが、びっくりカーペットの、後付けできる完全遮光カーテンだったんです。

公式サイト
びっくりカーペット

びっくりカーペットの完全遮光カーテンの効果

防音できる

完全遮光

いまのカーテンに後付けできる

いまあるカーテンとサイズが合う

この条件に合うびっくりカーペットの遮光カーテン。

完全遮光なのは本当に珍しいです。

そして、完全遮光でも後付けできなかったり、規定サイズしかなかったりするんですよね。



夜泣きの防音対策をするのに完璧な、びっくりカーペットの遮光カーテン。

なによりも効果がちゃんとあります

これが遮光カーテンを付けたときの写真です。

左:遮光カーテンつける前
右:遮光カーテンつけた後
左:遮光カーテンつける前
右:遮光カーテンつけた後

光を通さず遮光してますよね。



そして肝心の防音について。

旦那が帰ってくるとき、子供の泣き声がしないと言ってたんですけど、すごい泣いてたんです。

また、家にいても、外の音があまり入ってこないんですよ。



遮光カーテンをつける前は、道行く人の声が聞こえるし、夜中に誰かが外で話してる声も聞こえてたので嫌だったんです。

それが軽減されたので、外に声を漏らさないだけでなく、家の中も静かになったので遮光カーテンを付けてよかったと実感しています。

公式サイト
びっくりカーペット

夜泣きの騒音対策は安く賢くしよう

わが家は完全遮光のカーテンをつけて、夜泣きの騒音対策をしました。

工事は費用も時間もかかります。



カーテンを付けるだけなので、子育て中にもできて安く済みます

子どもの夜泣きが騒音になって、ご近所トラブルにならないためにも、遮光カーテンで防音対策をしてみてくださいね。

公式サイト
びっくりカーペット

コメント