CHILDCARE

赤ちゃんのミルクの水はどうしてる?ウォーターサーバーで安心&時短しよう

わが家では天然水のフレシャススラット、実家ではRO水のアルピナウォーターを使っています。

2Lペットボトルを使っていましたが、すぐ無くなる上にゴミがかさばるのでウォーターサーバーに切り替えました。

水道水は美味しく感じないのと、安全性が不透明なので飲料水としては使っていません。

水道水のカルキは殺菌作用がありますが、トリハロメタンという発がん性物質になる可能性があります。

トリハロメタンは熱に強く、水道水を20分ほど沸かしてカルキ抜きしないと分解出来ません。
詳しくはアルピナウォーター の公式HPに記載されています。

赤ちゃんのミルクをつくるために毎回20分お湯を沸かすのは手間がかかりますよね。
時間の節約と安全性を考えて、ウォーターサーバーのお湯なら効率的で安心して赤ちゃんのミルクをつくれます。

そこで天然水とRO水、どっちがいいのか悩んでませんか?
どっちも使ったことのある、ウォーターサーバー歴9年のわたしが考えた結論は「値段と使い勝手で選ぶ」です。

出産準備でウォーターサーバーを悩んでいるなら、フレシャスもアルピナウォーターも便利なので紹介します。

わたしの出産した産院では、アルピナウォーターが設置されていました!

産院でもウォーターサーバーが設置されているほど、ウォーターサーバーでミルクをつくるのは一般的になってきたみたいですね。

フレシャスならこっち!
\初月レンタル料無料+オリジナルエコバックプレゼント/

富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】
クリックすると公式HPに移動します

アルピナウォーターならこっち!
\初期費用無料+12Lボトル4本プレゼント(4,200円分)/

北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】

クリックすると公式HPに移動します

ウォーターサーバーの値段

ウォーターサーバーの水の値段

フレシャススラット
1本 9.3L 1,506円(税抜)

アルピナウォーター
1本 12L 1,050円(税抜)

1ヶ月の使用量とウォーターサーバー代

ふたり暮らしで、フレシャススラットの天然水を毎月6本注文しています。
6本以上の注文でレンタル代(900円)が無料になるためです。

毎月55.8Lを消費していますが、飲み切れる量です。
内訳は以下の通りです。

飲料水として
旦那の仕事用の水筒500ml
お味噌汁をつくるとき
お米炊くとき
その他料理するときの水はウォーターサーバー

出産後は赤ちゃんのミルクづくりにも使います。

フレシャススラット(1本 9.3L)

1,506円×6本=9,036円
電気代 約380円
レンタル代 0円(6本注文の場合)

毎月のウォーターサーバー代は約9,416円です。
500mlペットボトルにすると84円です。

アルピナウォーター(1本 12L)

55.8L消費するとしたら毎月4.65本必要です。
アルピナウォーターはレンタル代(地域別で572〜600円)がかかります。

1,050円×4.65本=4882円
電気代 約1,000円
レンタル代 572〜600円

毎月のウォーターサーバー代は約6,454〜6,482円です。
500mlペットボトルにすると57〜58円です。

天然水のフレシャススラット

使ってみた感想は、とにかく水が美味い!
ほのかな甘みがあるのはミネラルなどの成分がちょうどよく配合されているからだと思います。

フレシャススラットには常温ボタンがあるので、体を冷やしてはいけない妊娠中にぴったりです。

わたしが考えたフレシャススラットのデメリットとメリットは、以下の通りです。

値段が高い

アルピナウォーターと比べると毎月2,934〜2,962円高くなります。
毎月消費するものなので、家計に負担なくウォーターサーバーを使いたいですよね。

天然水のミネラルウォーターであること、サーバーの機能を考えるとフレシャススラットは妥当な金額かもしれません。

使い捨てボトル

引用:フレシャス

ボトルを交換したら小さくしてゴミ箱に捨てるだけなので楽ちんです。

使い捨てなので清潔感もあります。

味が美味しい

バナジウムやマグネシウムなどの成分が適度に含まれていて甘みを感じます。

硬度は1Lの水に、マグネシウムやカルシウムがどのくらい含まれているのかを示しています。

スラットは赤ちゃんが飲んでも安心できる「硬度21」の軟水です。
ちなみに東京都の水道水の「平均硬度は60」です。
引用:東京都水道局

赤ちゃんに向かないと言われている天然水(ミネラルウォーター)は、硬度の高い水のことを指しています。
フレシャスは水道水よりも低い硬度なので、赤ちゃんの調乳にも安心して使えますよね。

毎月放射能の検査をしています。
フレシャス の公式HPに結果を更新しているで安心です。

見た目がスタイリッシュ

水のボトルが見えないので部屋に置いても目立ちません。
A4サイズ1枚置けるスペースさえあれば、ウォーターサーバーを設置できます。

下置きタイプ

引用:フレシャス

ボトルを下に置いて使うので、ボトル交換のとき9.3Lという重さはあまり感じません。

\初月レンタル料無料+オリジナルエコバックプレゼント/
富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】
クリックすると公式HPに移動します

RO水のアルピナウォーター

引用:アルピナウォーター

アルプスの天然水をろ過してつくっています。
ろ過することで不純物が一切入ってないピュアウォーターになるので、風味やクセのない水そのものの味が楽しめます。

購入ノルマがないので頼まない月があっても大丈夫、毎月必要な分だけ注文できるので便利です。

実家にいたとき初めて導入したウォーターサーバーで、安さと停電時でも水が出せるのが決め手でした。
「硬度1」と超軟水なので口当たりがまろやかでごくごく飲めます!

水質検査もしっかりおこなっていて、アルピナウォーター の公式HPに載っているので安心して飲めます。

わたしが考えたアルピナウォーターのデメリットとメリットは、以下の通りです。

ボトルが重たい

1本12Lあるうえに、ボトル上から差し込むタイプなのでより重さを感じます。

12Lもあるとボトルを換える回数が減るので便利ですが、妊娠中は旦那さんにやってもらったほうが体への負担が減ります。

リサイクルボトルを使っている

アルピナウォーターは使用したボトルを回収しています。
回収されるまで保管しないといけないのでスペースを取られます。

引用:アルピナウォーター

パレットのレンタルがあるので、積み重ねておくことも可能です。

ボトル自体はキレイに洗浄されているので、水が汚れたりボトルが汚いということはありません。
それはもう問題ですよね(笑)

ボトルを再利用することでエコにもつながります。

見た目がシンプル

引用:アルピナウォーター

安さゆえにウォーターサーバー感が強いです。
ボトルが見える、冷水温水の取っ手も丸見えです。

実家ではリビングではなくキッチンに置いてるので、デザインは特に重視しませんでした。
冷水温水がちゃんと出て、美味しい水が飲めるウォーターサーバーが使えるだけで十分です。

水の値段がとにかく安い

フレシャススラットと比べると、1年で35,208〜35,544円も安くなるので経済的です。

断乳まで少なくとも1年はミルクの調乳をしますよね。
長く使うウォーターサーバーを考えるなら、家計にあったものを選んだほうがいいです。

実家でウォーターサーバーを導入するとき、値段がネックでした。
アルピナウォーターは安くて安心できる水が飲めるので、2011年からずっと使い続けています。
(福島第一原発による水質汚染の問題が出てから)

\初期費用無料+12Lボトル4本プレゼント(4,200円分)/
北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】

クリックすると公式HPに移動します

ウォーターサーバーは値段と使い勝手で選ぼう

水道水のカルキ抜きには時間がかかり、トリハロメタンという発がん性物質に変わる可能性があります。
赤ちゃんや子どもの安全のためにも、ウォーターサーバーは必須と考えています。

天然水とRO水は値段も違えば栄養素も変わります。
赤ちゃんには安心して使えるので、値段と使い勝手で選ぶと使い続けやすいです。

フレシャススラットもアルピナウォーターも、水道水よりも硬度が低く安全です。
お湯を沸かす時間はいらないので、赤ちゃんのミルクの調乳の時短にもなります。

サーバーのサイズや機能は公式HPに載っているので、気になるサーバーをチェックしてみてください。
少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです!

フレシャスならこっち!
\初月レンタル料無料+オリジナルエコバックプレゼント/

富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】
クリックすると公式HPに移動します

アルピナウォーターならこっち!
\初期費用無料+12Lボトル4本プレゼント(4,200円分)/

北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】

クリックすると公式HPに移動します

コメント