BEAUTY

キウイの効果が肌荒れを救う

美容部員のゆなです。

いままで5,000人以上の肌を見てきました。

わたしはホホバオイル ワセリンの肌断食を、5年以上やってます。

食事もオーガニックを取り入れてます。

わたしは肌断食をしているので、食べ物に含まれる美肌成分を調べることが多いです。



スキンケアよりも、肌内部に働きかける食べ物にお金をかけたほうが美肌になりました。

実際に肌断食とオーガニックライフを送っていることで、肌荒れは滅多に起きません。

肌断食については、肌断食5年以上のビフォーアフターを公開で詳しく説明しています。


今回は美肌に効果的な「キウイ」について取り上げていきます。

キウイには、美肌に効果的な要素がたくさん含まれているので、肌荒れ改善のために食べるべきです。

キウイに含まれている主な栄養素・効果をみていきます。

キウイに含まれている成分

ビタミンC

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれています。


そしてコラーゲンの生成、エラスチンやヒアルロン酸をつくる線維芽細胞という肌内部の働きを活発にするので、ハリがあってうるおいのある肌に導きます。

また、ビタミンCには強い抗酸化力があり、肌荒れやシミ予防にも効果があるんです。

紫外線や刺激、ストレスなどから肌を守るために「活性酸素」が発生します。


活性酸素はやっかいなことに、メラニンの増加、肌組織の破壊(コラーゲンやエラスチンの減少)など、シミや肌荒れやしわ、たるみの肌トラブルにつながってしまいます。


この「活性酸素」の活動を防いでくれるのがビタミンCに含まれる「抗酸化」なので、結果として肌トラブルの予防になります。

ビタミンCには他にも、保湿成分である「セラミド」をつくってくれるので、乾燥から肌を守る効果もあります。

ビタミンE(α-トコフェロール)

ビタミンEはα-トコフェロールとも呼ばれ、抗酸化作用、細胞膜を守る、血行を正常に保つ、すなわち血行不良の解消の効果があります。

血流がよくなることで、細胞の新陳代謝が活発なるので美肌効果も。

ビタミンCと同じように「抗酸化力」があるので、「活性酸素」を除去する働きもあります。
よってシミ、しわ、たるみ、肌荒れからお肌を守っていてくれるのです。
つまり、肌のうるおいやハリを保つ効果がみられます。

加えて女性にうれしいのが、女性ホルモンを調整する働きもあるので、生理痛、生理不順や妊活にも効果があるテスト結果があります。
また、血行がよくなることで冷え性や腰痛、肩こりにも効果的です。

ほかにも善玉コレステロールを増やすはたらきもあるので、高脂血症や動脈硬化の予防にもなります。

食物繊維

食物繊維には大きくわけて2種類あります。

不溶性食物繊維

キウイには不溶性食物繊維が含まれています。


わかりやすくいえば、糸状で食感がちょっとすじっぽくて、ぼそぼそしていたりザラザラしているものです。

保水性があり、水分を吸収すると便のかたさを正常にして腸内の動きをスムーズにすることで便秘解消の効果がみられます。


また、便通をうながすため、大腸内で老廃物が発がん物質を吸着して排出するはたらきもあります。

動脈硬化症や大腸ガンなどの病気の予防にも期待されています。

もし便が黒っぽくて固いのであれば食物繊維が不足している証拠なので、キウイを積極的に取りたいところですね。

水溶性食物繊維

もうひとつの食物繊維です。


水溶性ということで水に溶けやすく、水に溶けるとゼリー状になります。

小腸での栄養素の吸収する速度をゆるめ、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。



体内のコレステロールの排出をするので、コレステロール値を低下させます。

高血圧の予防にも効果的なのは、ナトリウムを体外に排出する効果があるためです。

生活習慣病の予防だけでなく、腸内環境が改善されるので、便秘からの肌トラブルも防ぐことができます。

カリウム

カリウムがむくみ解消に効果的といわれるのは、ナトリウム(簡単にいうと塩分)の排出をうながすためです。


体内はカリウムとナトリウムのバランスを取りながら水分や血圧のバランスを取っています。

カリウムを摂取することでむくみだけでなく、高血圧の予防にも。

ポリフェノール

活性酸素やフリーラジカルはタンパク質の働きを妨げて、コラーゲンを生成するのを低下させます。


そのため活性酸素が体内に増えると、ハリのなさやたるみ、しわなどの老化を引き起こします。


ポリフェノールは、ビタミンC、ビタミンEと同じく抗酸化作用を強くもっているんです。

活性酸素などの有害物質を除去するはたらきがあるので、肌にもいいとされています。


また、ポリフェノールは「ファイトケミカル(植物に含まれる化学物質)」でもあります。

こちらも肌のためにはしっかりと摂りたい物質ですね。

有機酸

さまざまな酸の総称ですが、有名なものはリンゴ酸やクエン酸です。


果物に多く含まれています。

腸内細菌のバランスを整えて、大腸の中の悪玉菌を抑えるはたらきがあるとされています。


腸内環境がよくなることで、便秘の解消や、肌トラブルの改善にもつながります。

加えて、有機酸は疲労回復にも効果てきめんです。

毎日仕事で疲れてしまっている方も、キウイを食べて疲れを取りましょう。

葉酸

ビタミンB群の一種でビタミンB12とともに赤血球をつくります。

赤血球をつくるということは、貧血予防にも期待できます。



葉酸はほかにもタンパク質の生成をうながし、細胞の生成や修復を助ける効果があります。


妊活で注目されている理由として、葉酸を取ることで赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」という病気を予防できるという研究結果も出ています。

妊娠を希望している女性はぜひとも摂っておきたい成分ですね。

アクチニジン

なかなか聞かない成分ですが、アクチニジンはキウイにしか含まれていません。

タンパク質を分解する酵素ですが、消化を助ける働きがあるので胃の負担を減らします。



おすすめなのは、肉魚料理を食べたあとにキウイを食べることです。

消化吸収を助け、胃もたれや消化不良を防いでくれるでしょう。

キウイで美肌になるためのまとめ

キウイが肌荒れを落ち着かせるのに効果的なフルーツだというのは、ビタミンCをはじめとする成分がたくさん入っているからです。

ニキビは肌トラブル意外にも、アンチエイジングの効果も期待できるので、食べると肌にはとてもいいということがわかります。

美肌効果だけでなく、高血圧、むくみ、胃もたれなど、体の健康のためにもキウイはぜひとも摂りたい栄養が盛りだくさんです。

しかし、ニキビなどの肌荒れに悩んでいれば、スキンケアだけでなく食生活の見直しも大切です。
スキンケアで治らない肌トラブルは、食事を変えるだけでもおさまる可能性はあります。

わたしは肌断食とともに、オーガニック野菜を取り入れるようになってから肌荒れをしなくなりました。

肌断食のやり方と期間は?では、肌断食について詳しく説明しています。

今回オーガニックのキウイを食べたのですが、宅配野菜のビオマルシェを使っています。

肌荒れから美肌になるためには、スキンケアだけではキレイになれません。

体内からの美肌ケアを、しっかりおこなっていきましょう。

コメント