LIFESTYLE

BRUNO(ブルーノ)のホットサンドメーカーでヘルシーワッフルづくり

毎日旦那におにぎりを持たせていますが、おにぎりが飽きている様子。。。


たまにサンドイッチをつくっていたのですが、それも具材に飽きてくるというか、レパートリーが少ないため同じようなものになっていました。

なので思い切ってホットサンドメーカーを購入してみました!


同じパンとはいえ、食感も違うのでしばらくは同じような具材でも大丈夫そうです。

そして、BRUNO(ブルーノ)のホットサンドメーカーにはプレートを付け替えるだけでワッフルも作れます。

ワッフルのプレートも一緒に買ってみました。

ワッフルってカフェやディズニーで食べるイメージですが、それが家でも食べられると思うと気分が高くなりますね。

ワッフルのつくり方はいたって簡単で、しかもすっっっごく美味しかったので、BRUNOホットサンドメーカーのワッフルプレートのレビューをしたいと思います!

BRUNOホットサンドメーカーとは?

サイズ

w135mm×H96mm×D246mm

重さ

約1300g

コード長

1.1m

耳までサンド出来る

ホットサンドメーカーを探していたとき、パン耳までサンド出来るものがなかなか見つかりませんでした。
しかしBrunoであれば耳までサクサクに温めて食べることが出来ます。

プレートが洗える

ホットサンドメーカーのネックはここだと思います。
プレートが洗えないと衛生面で心配ですよね。
プレート付け替えができるため、そもそもプレートが外れるようになっています。

ヒーター部分に汚れがついてしまったりしても、すぐに拭くことができるのできれいを保てます。

プレート付け替えで色んなものがつくれる

別売りですが、ワッフル以外にもタルト、プチガトー、おさかなプレート(洋風のたい焼き)の4種類があります。

ホットサンドメーカーなのに、お菓子までつくれるので便利そうだったので、とりあえずワッフルのプレートを購入しました!

BRUNOでワッフルをつくる

ワッフルプレートを購入したので早速つくってみました!

妊娠中のため、少しでもヘルシーなものがよかったのでおからと豆乳を使ったレシピです。

ワッフルの材料

ホットケーキミックス 100g
おから 100g
たまご 1個
豆乳 50ml
ハチミツ 10g

おからワッフルのつくりかた

ボールにおから、たまご、ハチミツをよく混ぜ合わせてからホットケーキミックスを混ぜます。

ホットケーキよりも固めの生地になりました。

Brunoのホットサンドメーカーのプレートを付け替えて、ワッフル型をあらかじめ温めておきます。(約3分)

プレートが温まったら生地を入れます。

生地が膨らむのでこのくらいがちょうど良いです。

生地を入れて3分待ちます。
待っている間、生地が焼けているじわじわとした音がしたり、いい香りがしてきます。

良い感じの焼き色になりました!ちょっと色むらが気になりますが、食べたらわかりません(笑)

ワッフルの完成

お皿に盛り付ければ、なんちゃってカフェプレートも楽しめるので、家にいてもカフェ気分が味わえます。

おから無しバージョンもつくったことがありますが、おからを使うことでもっちり感が増す気がします。

腹持ちもいいのでおやつにはぴったりでした!

BRUNOホットサンドメーカーは便利

購入してからとても活躍しています。
ランチの幅が増えた、というのは言い過ぎかもしれませんが、食パンにチーズを乗せてトーストするのと、食パンにチーズを挟んでホットサンドにするのとでは、やはり違います。

サクサクで香ばしくなるので、味変になって美味しいです。

今回ワッフルプレートをつかってワッフルをつくりましたが、妊娠中のおやつも手作りすれば少しはカロリーダウンにつながるかと思いました。

おからでつくることでモチっとした食感になったのと、おからが膨れるのでお腹にもたまりやすいです。

おやつは食べたくなっちゃうけど、カロリーが気になる方は、手作りお菓子をおすすめしたいです!

ワッフルは1枚作るのに3分で完成します。
材料も特別なものを使っているわけでも、時間もかかりません。

1台5,000円と少し高いかな?と思い買うのをためらっていたのですが、結果的に使用頻度が高く、使い勝手もいいので購入して良かったです。

口コミレビューはたくさんありますが、我が家でも大活躍しているのでレビューしてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

公式サイト:BRUNOホットサンドメーカー

コメント